カテゴリーを選ぶ: マーケティング / 仕事術 / 活動報告 / お知らせ /
  • オンナのたしなみシリーズ第三弾【子連れ出勤の現場を肌で感じよう in モーハウス見学会】大人の社会科見学♪



    こんにちは。企画ラボ編集部の岩戸左紀です。

    企画ラボの「女のたしなみシリーズ」第3弾のレポートをお届けします。

    今回は、9月に開催したセンパイを囲む会にご登場くださった
    モーハウスの光畑さんにご協力いただき、
    子連れ出勤の現場を見に行く「大人の社会科見学」を実施しました♪

    まさに目からウロコの連続、百聞は一見にしかず!
    そして、
    子育て環境の充実とは、制度や設備面だけに限らない!
    と気づくことができました。

    概要

            

    日 時:2012年12月14日(金)11:30~14:00
    場 所:モーハウス(つくば) モーバコ
    テーマ:「子連れ出勤の現場を肌で感じよう!」
    ゲスト:光畑 由佳子 さま(有限会社モーハウス 代表取締役)
        

    見学会ダイジェスト ※ごく一部の紹介です

            

    新しいスタイルのコミュニケーションスペースというコンセプトの
    モーバコ内をご案内いただきました。

    ☆オフィススペースで子連れ出勤

    特別に配慮されたオフィス空間が用意されていて、
    特別なルールで仕事をしているだろうという予想を裏切り(笑)、

    ごく普通のオフィス + 赤ちゃんの抱っこ というスタイル。

    赤ちゃんは、おっぱいを飲んでいます。

    授乳服を着ると、本当におっぱいが見えないんです!

    母も両手を使って仕事をしています!

    そして、赤ちゃんが眠ると・・・

    ☆職場の一角に寝せる。

    赤ちゃんが起きれば誰かが気づくので声を掛けてくれるのだそう。

    ☆子連れで打ち合わせ

    打ち合わせスペースを覗いてみると、こちらにも子どもが!
    おとなしく膝の上に座っています。
    この後、おっぱいを飲み始めましたが、母は打ち合わせを継続。

    女性の多い職場ですが、女性だけではなく男性も。
    メニューの批評ミーティングが行われていました。

    ランチトーク with 光畑さん

            

    見学のあとは、隣接するカフェ「Gokigen Cafe」で
    地元の食材を使ったライスバーガーをいただきながら

    授乳服を切ることで得られる女性のライフスタイルについて、
    光畑さんを囲んでのランチ&トークタイム。

    ごきげんファームの五十嵐さまと、かすみがうら市長さまがお見えでした。

    企画ラボの事業「防災ホイッスル」のチャームを作るハギレも
    お譲りいただきました♪


    おわりに

            

    センパイを囲む会でお話しを聞いてから、
    モーハウスさんの職場見学会が楽しみでなりませんでした♪

    これまで、保育所や社内託児所、出産育児制度など
    ハード面の整備が求められてきましたが、
    言うまでもなく、それだけでは不十分。

    本人や周囲が持つ、働き方や意識などに関する
    ソフト面の変容も必要ですね。

    その1つが光畑さんがおっしゃる「子連れスタイル」。

    子どもを預けて働くのではなく、
    母が子どもを連れて、一緒に職場に来て働く。

    泣いたり騒いだりしている子どももいるのではないか
    という予想も、驚くことに見受けられませんでした。

    子どもたちは、働く母のそばで安心しておっぱいを飲み、眠ったり、
    おとなしく膝の上に抱かれて、会議に参加したりしていました。

    「子連れ出勤」は、子育てと仕事の両立について
    1つの答えであることに違いないでしょう!

    光畑由佳さま、モーハウスの皆さま、ご参加者さま、ありがとうございました!

コメントの投稿