カテゴリーを選ぶ: マーケティング / 仕事術 / 活動報告 / お知らせ /

Archive for 7月, 2011

  • 企画ラボ オフ会決定!

    0

     

    企画ラボ オフ会決定!

     

     

    今のハヤリもの調査も兼ねて、

    ご参加いただいているみなさま同士がゆっくり

    お話できる機会が作れればということで

    オフ会を開催することとなりました!

     

    話題のレストラン・注目のお店で、

    調査も兼ねてみなさんでワイワイできればと

    計画中です!

    記念すべき第1回は、

     

    先日の先輩を囲む会にお招きした

    小畑さんもゲストとしていらっしゃいます!

     

     

    8月半ばを予定しています!!

     

    日程・場所については、また別途

    ご連絡をいたします!

    お楽しみに!!

     

     

    ********

    「あったらいいな」をカタチにするチカラを鍛える
    自分で、みて、きいて、考えて、伝える実践型メディア

    企画ラボ

    編集部 塚原文奈

    http://ki-ka-ku.com/

  • 実名の解決力〜ふんばろう東日本支援 家電プロジェクト〜

    0

     

    こんにちは、編集部の阿部です。
    先週「ふんばろう東日本プロジェクト」が行っている
    家電プロジェクト」の仕組みで、なるほど!と思ったものがありました。
     
     
    ふんばろう東日本プロジェクト」は、、早稲田大学MBAコース講師の西條剛央氏が立ち上げた東日本大震災の民間支援プロジェクト。
     
     
    その一つに、被災地以外の家庭で余っている電化製品を、電化製品の足りない被災地に送ろう、というプロジェクトがあります。
     
    ただこのプロジェクトスタート時に問題になったのは、「どうやって壊れていない家電を仕分けるか?」ということ。
     
     
    私も他団体でこういう活動をした際、残念なことですが、「本当に不要(=壊れている)」ものがたくさん送られてきてしまい、せっかく善意のプロジェクトでも大変苦労したという話をを聞いたことがあります。
     
    一つ一つの状態をチェックするというのも、ボランティア団体には大変な手間となり、プロジェクトの実行が難しくなります。
     
     
    この団体が導きだした方法は、いたってシンプル。
     
    どんなものだと思います?
     
    なんと、「送った人の名前と連絡先を書いて、直接リストにある被災者に送ってもらう」というもの。
    これで送付者自身が責任を持って使える家電を送ってくれますし、被災者から直接お礼の連絡をしてもらえるので、支援の実感も感じることができるという解決策だったのです。
     
    知恵を使って、関わる人がうまく分担をする。
    商品企画にも活かせる考え方だと思いました。
     
     
    こちらのコラムでは、代表の西條氏がプロジェクトについて語っていますが、非常にエキサイティングな内容です。
    ほぼ日刊イトイ新聞 – 西條剛央さんの、すんごいアイディア。
     
     
    ☆★Facebookページもスタートしました★☆
    企画ラボFacebookページはこちら
    「いいね!」お願いします★
     
    ********

    「あったらいいな」をカタチにするチカラを鍛える
    自分で、みて、きいて、考えて、伝える実践型メディア

    企画ラボ
    編集部 阿部千尋

    http://ki-ka-ku.com

  • HOOTERS お台場にて

    0

     

    編集部のあやなです。

    HOOTERS お台場店!

    いってきました~~!!

     

    エロかわいいお姉ちゃんを見ながら

    チキンをひたすら食べるお店w

     

     

    店内はノースリーブと短パンの女の子の店員でいっぱいでした~

    もちろんお客さんは男性陣が圧倒的に多かったです

     

    来ている年齢層は、平日だったからかもだけど、

    サラリーマンの30代~40代くらいの方々が何人かでわいわい

    きてる感じ。

     

    店員の女の子はなんかちょっと外国人の方にモテそうな

    雰囲気の子が多かった気がする。

    ところどころ、英語もちょろっと話してたし。

    スタイルは、最近の若い子にいるめちゃくちゃ細い子がたくさん!!というよりは肉付きもほどほどなかんじでなんかかわいいw

     

     

    そこでおもしろい決まりを発見!

     

     

    なんと、HOOTERSの店員の女の子。

    勝手に写真撮ったらNGなんです。

     

    こんな格好してとるなって、、

    って思うと思いますがw

     

     

    なにも写真をとるなというわけではなく、

    「勝手に」とるなというのです。

     

     

    要は女の子に許可を取って

    ポージングしているところ以外はNG.

     

     

    あおいちゃーん写真とっっていいー?

     

    いいよーー!

    パシャ!!!

     

     

    ※ほんとにあおいちゃんっていう名前です。

     

    公にはかわいいポージング写真でとってね。

    というように、店員の女の子をちゃんとブランド化しているんです。

     

     

    こうすることで、

    ・店員さんに声をかけやすい

    ・こそこそ写真を撮らずにすむ

    ・他の人に写真を共有するときにかわいいショットで共有してくれる

     

    というお客さんにもうれしい

    お店でもうれしい

     

    というwin winの関係になっている模様

     

    おもしろす。

     

    ちなみに、このあおいちゃん、私がお台場店にいったときに見た店員さんの中で

    一番かわいかったです^^

     

     

    ********

    「あったらいいな」をカタチにするチカラを鍛える
    自分で、みて、きいて、考えて、伝える実践型メディア

    企画ラボ

    編集部 塚原文奈

    http://ki-ka-ku.com/

     

  • 第2回企画会議を開催しました!

    0

     

    こんにちは、企画ラボ編集部です。
    7月27日夜に、第2回の企画会議を開催しました!

    今回はメンバーそれぞれが、ビジネスプランのアイディアを持ち寄って、
    ディスカッション。

    美容と健康、ファッションとエコ、ガーデニングなど、
    女性ならではの「あったらいいな」なビジネスアイディアが出され、
    さらに別メンバーから出た様々な意見をもとにブラッシュアップ。
    考えるだけで、とってもワクワクする楽しい時間になりました。

    さっそくいくつか形にしていくことが決定!
    実行日程まで決まったものもあります。

    今後ひとつずつ、詳細をお伝えしていきますので、
    どうぞお楽しみに!

     

    ********

    「あったらいいな」をカタチにするチカラを鍛える
    自分で、みて、きいて、考えて、伝える実践型メディア

    企画ラボ 編集部

    http://ki-ka-ku.com

  • ちょこっと変えても新商品【銀だこ・銀のあんのかりんとうたい焼き(黒たい)】

    0

     

    こんばんは。編集部のアワタです。

    今日は銀だこの銀のあんのかりんとうたい焼き「黒たい」について。

    http://bit.ly/rn4EZe

    薄皮で、かりんとうの香ばしさでおいしいのです。

    通りかかると、ついつい購入してしまう一品です。

     

    皮だけ変えるだけで、立派な新商品。

    器具も一切変えること必要ないですし・・・

     

    そして何よりたい焼きは色がポイントですよね。

    白いたい焼きも昔流行りましたよね。

     

    次なる商品を考えるとすると・・・

     

    ・黄色いたい焼き(カレー風味?)

    ・緑のたい焼き(青汁、栄養バッチリ!)

     

    こんな感じ???

    まずはおいしいが最低条件ですが・・・

    そう考えると、黒いたい焼き・・・やっぱいいですよね。

     

    ********

    「あったらいいな」をカタチにするチカラを鍛える
    自分で、みて、きいて、考えて、伝える実践型メディア

    企画ラボ

    編集部 粟田あや

    http://ki-ka-ku.com/

     

Page 1 of 41234»